コグトレ通信54

コグトレ通信 vol.54

平素よりお世話になっております。

土用に入り暑い盛りとなりましたが、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。
コグトレ通信第54回をお届けします。本メールは日本COG-TR学会の会員様にお送りさせて頂いております。

今回のコラムは、日本COG-TR学会監事の野中友美先生です。

 

人間関係を築くツールとしてのコグトレ

困っている子どもたちの不器用さが改善する・基礎学力の土台(覚える、見つける、写す、数える、想像する)が作られ、物の捉え方や見方が変化し、適行動がとれる・対人スキル(感情、対人マナー、危険予知、問題解決)が向上するなど、コグトレを導入している支援者たちは、子どもの変化に成長を感じ、コグトレ効果の手ごたえを感じる場面を体験することも多いのではないでしょうか。

コグトレの効果を感じる瞬間、支援者もとても嬉しい気持ちになります。
子どもと一緒に「やったーね!」と思わず声をだして、子どもを褒めている瞬間でしょう。
困っている子どもたちの表情が笑顔になる、元気な態度や行動へと変化する場面を見ると、支援者としてとてもやりがいを感じることができるのです。
そして、支援者は、さらにその子どもにあったコグトレのプログラムや関わり方を考え、実践しようと計画を立て、日々支援に臨むのです。
この様に「目標に向けて行動を方向づけ、活性化し、そして維持する心理プロセス」を“ワークモチベーション”といいます。
1997年ワシントン大学のMitchell(ミッチェル)教授が定義し、現在では定着しています。

コグトレというツールを用いて、子どもとの円滑な関係性が築かれ、子どものやる気、支援者のモチベーションを高めていくのだと思います。

コグトレを用いた実践は、子どもとの方向性の動機づけ、満足感が得られること、楽しい場となりコミュニケーションがもてることなどを考慮し、子どもとの関係を築くことの重要性を重視しコグトレ実践を行うことが、コグトレの効果を上げることにも繋がる、大切なことであることを臨床心理家としてお伝えしたいと思いました。

特定非営利活動法人アントワープカウンセリングオフィス 野中友美

 

~第2回COG-TR学会学術集会ニュース⑦~

暑さに加え、新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念されます。皆様、どうぞお元気でお過ごしください。
第2回学術集会の準備は本格化しています。最新のチラシをご覧ください。
幅広く、多職種による発表は、私自身も楽しみで待ち遠しいです。

さて、今回は、教育講演の伊丹昌一先生をご紹介します。
伊丹先生は、梅花女子大学に勤務され、全国でご講演をされています。
本学術集会では、「適応行動に導く対応法」のお話をしていただきます。
伊丹先生は、発達障害の当事者支援・保護者支援で活躍されており、ソーシャルスキルトレーニングやペアレントトレーニングにも精通されており、困っている子どもへの関わり方を的確にお話しいただきます。
COGSTにつながるお話、また、実際の関わり方という違った視点でも参考になる貴重なお話をお伺いできることを大変うれしく思っています。 

会場参加のほか、オンライン参加、オンデマンド参加も用意しております。
ご参加よろしくお願いいたします。下記URLからお申込みいただけます。
(学会HP「学術集会」のページからもお申込みいただけます。)
会員の方は、会員パスワードが必要になりますので、(コグトレ事務局より7月6日(水)にお送りしております。そちらのメールをご確認くださいませ。)通知された会員限定ページのパスワードを入力してください。
参加申し込みは、ページの下方にあります。どうぞ、よろしくお願いいたします。
https://www.cog-osaka.net/academicmeeting 

第2回COG-TR学会学術集会 会長 井阪幸恵

 

オリジナルコグトレ教材の公開

会員限定ページにてオリジナルコグトレ教材の公開です。
※無断転用はお控えください

最初とポン⑦⑧

『1日5分 教室で使える漢字コグトレ 小学2年生』(覚える)より、東洋館出版社のご厚意のもと当学会で作成。MP3再生機でご利用ください。

 

学会誌「コグトレ研究」原稿募集

学会誌「コグトレ研究」第3巻の各種原稿
研究論文(査読有)・・質的分析、量的統計解析等を含むもの
実践報告(査読有)・・質的分析、量的統計解析等を含むもの
資料(研究ノート)(査読なし)・・コグトレの取り組み等を報告するもの
をお待ちしております。詳しくはHP内の「機関誌」の投稿規定をご覧ください。
なお第3巻の原稿締め切りは2022年8月末日です。
(これまでの学会誌はこちらから購入できます https://cog-tr.net/kikansi/ )

 

【研究会だより】(各研究会の活動をご紹介していきます。)

いろいろな地域で研究会が立ち上がり、様々な活動をされています。
お近くの研究会、気になる研究会の会員になられてはいかがでしょうか。
広報担当より毎月各研究会の代表者に原稿募集の案内をしております。
紹介して欲しい内容がありましたら、是非お寄せください。

 

【会員からの声】(会員の皆様からいただいた情報をお知らせしていきます。)

会員の皆様が開催されている『コグトレ初級コース』の参加者募集やコグトレ勉強会の告知、
コグトレの実践紹介など、お寄せいただいた情報をお知らせしていきます。
そのため、会員の皆様にも広く情報を募集いたします。

情報をいただく専用メールアドレスはcogtrtusin@yahoo.co.jpです。ご連絡をお待ちしています。
※掲載されたい文章をお送りください。チラシ等の画像類は掲載できかねます。

 

【過去のコグトレ通信・音源】

配信済のコグトレ通信は日本COG-TR学会の会員限定ページでご確認いただけます。
是非お時間があるときにご一読ください。
音源も日本COG-TR学会の会員限定ページにて過去の音源を聞くことができます。
無断転載のないよう留意しながらお役立てください。

 

2022年7月22日
一般社団法人日本COG-TR学会
広報部

PAGE TOP