コグトレ通信52

コグトレ通信 vol.52

平素よりお世話になっております。

紫陽花が雨に映える季節となりましたが、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。
コグトレ通信第52回をお届けします。本メールは日本COG-TR学会の会員様にお送りさせて頂いております。

今回のコラムは、日本COG-TR学会監事の青山芳文先生です。

 

『アナログゲームへの招待』

私事ですがこの3月、38年間の公立学校勤務(小学校・特別支援学校・行政等)とその後10年間の大学勤務を終え、完全退職しました。
この48年間の中で一番長かったのが小学校で通級指導を担当した14年間です。
子どもの通級指導と保護者・先生方との教育相談の毎日で、言語障害、知的障害、境界域、情緒障害、聴覚障害、発達障害の子どもと付き合ってきました。
通級指導で頻繁に活用した教材は絵本とアナログゲーム(カードゲームやボードゲーム)です。

伝統的なアナログゲームには、トランプ、かるた、すごろくなどがありますが、1950年代以降には、野球盤、人生ゲーム、オセロ、UNOなどが開発・発売され、皆で遊んだものです。

今はデジタルゲーム全盛ですが、アナログゲームも再び、保育・教育・療育関係者の支持を得て活用されており、新しく開発されたものを含めて何百種類も発売されています。

通級指導でのアナログゲーム活用の目的は、基本的にコグトレ(特にCOGET)と同じでした。
コグトレは「無理なく取り組め、効果がある(楽に取り組め、役に立つ)」教材で、次のような意義や特徴があります。
 ①学習課題(できないこと)を直接教えて訓練するのではなく、その土台となる認知力等を高めることを目的とし、子どもが楽しみながら意欲的に取り組める教材である。
 ②認知の各側面を網羅して体系的に整理した体系的な指導ツールである。(包括支援ツール)
 ③指導者の時間的・経済的負担が極端に少ない。(非常に高いコストパフォーマンス)

一方、アナログゲームには体系性はありませんし、一つひとつの商品が高価なのですが、コグトレと同様、上記①の意味があり、さらに「人と共に遊ぶ」題材なので対人意欲の形成・向上には非常に有効です。
この点については後日、コラムに書きたいと思っていますが、今回は、私が1980年代に通級指導で頻繁に活用したもの、子育てや孫育てで重宝したものなど、子どもたちが夢中になり、コグトレ以上に楽しめ、上記①と同様の効果があったものを紹介します。
 * Hasch mich !(Catch me !):4歳頃~大人(HABA製)
 * Teddy memory(テディ・メモリ):2歳半頃~大人(Ravensburger製)
 * 各種 HALLI GALLI(ハルガリ):4歳頃~大人(AMIGO製)
 * Regenbogen Schlange(虹色のへび):4歳頃~大人(AMIGO製)
 * Contact(コンタクトゲーム):5歳頃~大人(Ravensburger製)
 * Erstes Quartett(カルテット):5歳頃~大人(Ravensburger製)
 みなさん、子どもたちと“一緒に”遊びませんか。

元 立命館大学 青山 芳文

 

学会誌第2号のご案内(再掲)

当学会の学会誌「コグトレ研究」第2号が発売中です。以下からご注文ください。
なお、第2号につきましては今後無料公開の予定はございません。
https://www.toyokan.co.jp/products/4843

 

オリジナルコグトレ教材の公開

会員限定ページにてオリジナルコグトレ教材の公開です。
※無断転用はお控えください

最初とポン③④

『1日5分 教室で使える漢字コグトレ 小学2年生』(覚える)より、東洋館出版社のご厚意のもと当学会で作成。MP3再生機でご利用ください。

 

学会誌「コグトレ研究」原稿募集

学会誌「コグトレ研究」第3巻の各種原稿
研究論文(査読有)・・質的分析、量的統計解析等を含むもの
実践報告(査読有)・・質的分析、量的統計解析等を含むもの
資料(研究ノート)(査読なし)・・コグトレの取り組み等を報告するもの
をお待ちしております。詳しくはHP内の「機関誌」の投稿規定をご覧ください。
なお第3巻の原稿締め切りは2022年8月末日です。
(これまでの学会誌はこちらから購入できます https://cog-tr.net/kikansi/ )

 

【研究会だより】(各研究会の活動をご紹介していきます。)

いろいろな地域で研究会が立ち上がり、様々な活動をされています。
お近くの研究会、気になる研究会の会員になられてはいかがでしょうか。
広報担当より毎月各研究会の代表者に原稿募集の案内をしております。
紹介して欲しい内容がありましたら、是非お寄せください。

 

【会員からの声】(会員の皆様からいただいた情報をお知らせしていきます。)

会員の皆様が開催されている『コグトレ初級コース』の参加者募集やコグトレ勉強会の告知、
コグトレの実践紹介など、お寄せいただいた情報をお知らせしていきます。
そのため、会員の皆様にも広く情報を募集いたします。

情報をいただく専用メールアドレスはcogtrtusin@yahoo.co.jpです。ご連絡をお待ちしています。
※掲載されたい文章をお送りください。チラシ等の画像類は掲載できかねます。

 

2022年6月24日
一般社団法人日本COG-TR学会
広報部

PAGE TOP