コグトレ通信48

コグトレ通信 vol.48

平素よりお世話になっております。

若草が萌え出す季節を迎え、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。
コグトレ通信第48回をお届けします。本メールは日本COG-TR学会の会員様にお送りさせて頂いております。

今回のコラムは、日本COG-TR学会理事の井坂幸恵先生です。

 

『読み書きの弱さとコグトレの関わり』

「読み書きの弱さ」と言っても、子どもによって原因も状態も様々です。その原因が、音韻認識が大きく影響する場合もあれば、目の動きや視空間認知が影響することもあります。また、「読み」も「書き」も影響がある場合もあれば、「読み」はできるのに、「書き」だけが大変弱い場合もあります。

学習において、「読み」も「書き」も大変重要であり、会話ならスムーズであるのに学習場面で力を発揮できないためにつらい思いをする子どもたちが必ずいます。それだけに、早期に気づき、早期に対応することが求められるのです。

ここで、前述の原因を探っていくことが改善につながります。例えば、音韻認識が原因なら、様々な「音と文字を合わせるトレーニング」を行っていきます。ひらがなは一音一文字ですから、音に対応させながら文字を覚えていきます。特殊音節は動作化で覚えると楽しく習得できます。一方、「聞く力」の弱さが重なっている場合も多いので、「た」抜き言葉や、文字の入れ替えなどで遊ぶことも有効です。

それってコグトレと関係があるのかな?と感じられたかも知れません。実は、「読み書きの弱さ」のある子どもは、上記の視空間認知の弱さを併せ持つ場合もあります。記憶の弱さが影響することもあります。つまり、COGETの「覚える」「写す」「見つける」を中心とした課題は、「読み書き」を支えるのです。

入学と同時に、文字情報過多になり、情報処理が間に合わず、何も手につかないという状態が生まれることもあります。そんな時、「やさしいコグトレ」に取り組ませることで、本来少し弱かっただけの「見る力」が力を発揮し、「読み」がスムーズになってくる場合もあります。また、「書く力」が改善し、読めないけど書ける、ということも起こってきます。

そして、さらに弱さに合わせた指導を続けるのですが、「読み」の弱さだけでも脳の複雑な回路を使っているだけに、「読み書き」の力を支えるには、「数える」「想像する」の課題にも取り組ませることが効果的です。

こういったCOGETを使った指導と、デイジー教科書のような読み上げ教科書や音韻認識を高める指導を一緒に行うことで、安心して楽しみながら「読み書き」の力を向上させられるのです。

和泉市立国府小学校 井阪幸恵

 

第2回 COG-TR学会学術集会ニュース③

新年度になり、新たな生活や仲間に慣れてきた頃でしょうか?皆様、どうぞお元気でお過ごしください。

さて、第2回COG-TR学会学術集会の受付開始のメールをお届けしてから、順調に申し込みが増えております。参加申し込みとともに、発表申し込みも受け付けをしています。

この機会に、様々な取り組みをご報告いただければ、皆様と共に学びを深めることができます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

下記URLからお申込みいただけます。(学会HP「学術集会」のページからもお申込みいただけます。

会員の方は、会員パスワードが必要になりますので、コグトレ事務局より通知された会員限定ページのパスワードを入力してください。)

https://www.cog-osaka.net/academicmeeting

第2回COG-TR学会学術集会 会長 井阪幸恵

 

会員のご案内

4月15日(金)に2022年度の会員更新のご案内メールをお送りいたしました。
継続をご希望される場合も,ご希望されない場合もメールをご確認いただきますようお願いいたします。

 

オリジナルコグトレ教材の公開

会員限定ページにてオリジナルコグトレ教材の公開です。
※無断転用はお控えください

正しいのはどっち?③④

『1日5分 教室で使える漢字コグトレ 小学1年生』(覚える)より、東洋館出版社のご厚意のもと当学会で作成。MP3再生機でご利用ください。

 

コグトレカードゲーム「COGET(コ・ゲット)」ムービーのご案内

カードで遊びながら、さがし算、くるくる星座、何があった?をトレーニングできるCOGET(コゲット)の紹介ムービーです。ご参考ください。
https://www.youtube.com/watch?v=VhYj2TMa_1Q

 

学会誌「コグトレ研究」原稿募集(第2巻の原稿募集は締め切りました)

学会誌「コグトレ研究」第3巻の各種原稿
研究論文(査読有)・・質的分析、量的統計解析等を含むもの
実践報告(査読有)・・質的分析、量的統計解析等を含むもの
資料(研究ノート)(査読なし)・・コグトレの取り組み等を報告するもの
をお待ちしております。詳しくはHP内の「機関誌」の投稿規定をご覧ください。
なお第3巻の原稿締め切りは2022年8月末日です。

 

【研究会だより】(各研究会の活動をご紹介していきます。)

いろいろな地域で研究会が立ち上がり、様々な活動をされています。お近くの研究会、気になる研究会の会員になられてはいかがでしょうか。
広報担当より毎月各研究会の代表者に原稿募集の案内をしております。
紹介して欲しい内容がありましたら、是非お寄せください。
研究会の会員になられてはいかがでしょうか。広報担当より毎月各研究会の代表者に原稿募集の案内をしております。紹介して欲しい内容がありましたら、是非お寄せください。

 

【会員からの声】(会員の皆様からいただいた情報をお知らせしていきます。)

会員の皆様が実施されているコグトレ内容や地域でのコグトレ勉強会の告知など、お寄せいただいた情報をお知らせしていきます。そのため、会員の皆様にも広く情報を募集いたします。

情報をいただく専用メールアドレスはcogtrtusin@yahoo.co.jpです。ご連絡をお待ちしています。

 

2022年4月22日
一般社団法人日本COG-TR学会
広報部

PAGE TOP