コグトレ通信20

コグトレ通信 vol.20

平素よりお世話になっております。本メールは日本COG-TR学会の会員様と、旧コグトレ研究会の会員様(今年度のみ)にお送りさせて頂いております。

三寒四温と申しますが、本当に気温変化の大きいこの頃です。皆様には、ますますご健勝のことと存じます。コグトレ通信第20回をお届けします。

今回のコラムは、COG-TR学会理事、和泉市市立国府小学校 井阪幸恵先生です。

   

『長引く自粛と心理的支援にコグトレをどう活用するか』
(和泉市立国府小学校 井阪幸恵先生)

長引く自粛、そこには常にCOVIT-19 に対する不安が付きまといます。特に、普段から力を出し切って頑張っている子、完璧を目指してしまう子、自分の弱点に着目して自尊感情の低い子たちは、その影響で心の器の限界がきてしまい、体調が悪くなったり、登校渋りにつながったりすることがあります。

こういった場合の支援を考えるときもコグトレを活用して欲しいと思います。

普段から力を出し切って頑張っている子の多くは認知機能にアンバランスさがあることが多いです。アセスメントを取り、適切な指導を行うことで改善しやすいです。

完璧を目指してしまう子、自分の弱点に着目して自尊感情の低い子は、COGSTの「違った考え方をしよう」で様々な考え方や捉え方をトレーニングすることが望まれます。自分の考え方に固執しやすい場合も、指導者が柔軟に長期的な視野で接すると改善に向かっていきます。

いずれの場合も、COGETによって認知機能をバランスよくトレーニングすることは大切です。また、家にいる時間が多く体力の低下も危惧されるため、COGOTによる運動の基礎力向上にも取り組んでください。

このように、コグトレが心理的支援にもつながることは指導者として関わる方ならお気づきの方も多いと思います。コグトレに楽しく取り組ませることで、元気にこの時期を乗り切って欲しいものです。

 
 

オリジナルコグトレ教材の公開

会員限定ページにてオリジナルコグトレ教材の公開です。
※無断転用はお控えください 

最初とポン①-1~2

『1日5分 教室で使えるコグトレ』(聞く力をつけよう)より、東洋館出版社のご厚意のもと当学会で作成。MP3再生機でご利用ください。

 
 

【研究会だより】(各研究会の活動をご紹介していきます。)

いろいろな地域で研究会が立ち上がり、様々な活動をされています。お近くの研究会、気になる研究会の会員になられてはいかがでしょうか。

広報担当より毎月各研究会の代表者に原稿募集の案内をしております。
紹介して欲しい内容がありましたら、是非お寄せください。

研究会の会員になられてはいかがでしょうか。広報担当より毎月各研究会の代表者に原稿募集の案内をしております。紹介して欲しい内容がありましたら、是非お寄せください。
 
 

【会員からの声】(会員の皆様からいただいた情報をお知らせしていきます。)

会員の皆様が実施されているコグトレ内容や地域でのコグトレ勉強会の告知など、お寄せいただいた情報をお知らせしていきます。
そのため、会員の皆様にも広く情報を募集いたします。

情報をいただく専用メールアドレスは cogtrtusin@yahoo.ne.jp です。ご連絡をお待ちしています。

 

2021年2月26日
一般社団法人日本COG-TR学会
広報部

PAGE TOP