コグトレ通信13

コグトレ通信 vol.13

平素よりお世話になっております。本メールは日本COG-TR学会の会員様と、旧コグトレ研究会の会員様(今年度のみ)にお送りさせて頂いております。

立冬を過ぎて暦の上では冬となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。10/24(土)第3回オンライン研修会はいかがでしたか。

今回のコラムは、梅花女子大学の閑喜美史先生です。

   

『コグトレで学ぼう−COGST「この人たちはどんな気持ち?①」から』(梅花女子大学 閑喜 美史先生)

(※「1日5分!教室で使えるコグトレ」p98をご参照下さい。)

ある高等学校への出前授業でのことです。このシートへの書き込みに多くみられたのは、

L:どうしよう R:かわいそう, 何があった?「ペットが死んでしまった」
L:別れたい R:別れたくない, 何があった?「別れ話をしている」
L:どうしよう R:思い通りにいかない, 何があった?「我が子の成績が悪く悩んでいる」…等でした。

この生徒たちは表情が読めて、気づいて、わかっているようだけれど、それを表現する言葉には実感がなく、淡白な感じに思えました。

そこで、もう少し、生徒たちの心に近づきたいと思い、「まず、この人たちの年齢、服装、表情、仕草、視線、雰囲気などをみて、あなたが想像したことを言葉にして書いてみてください。」と伝えました。すると、楽しいことが起こりました。

L:28歳、Rの兄の婚約者、婚約者より弟を好きになってしまったが別れなければいけない。裏切れない、苦しい、辛い、自分が許せない。
R:25歳、Lが好きでたまらないが兄から奪うことはどうしてもだめだ。好きだ、辛い、苦しい。

…といった風に、想像が膨らみ始めたのです。他者の気持ちを察するがゆえに、いくつもの感情が複雑に絡み合っていること、また、共感できるからこそ「裏切れない」「どうしてもだめだ」といった苦悩を表す言葉も出てきているのではないか、など、生徒の心に近づいたような思いでした。

その上、かわいいことに、「先生、みんなのシートを匿名で、先生が読んで欲しいです。」と生徒たちが言うのです。

そしてまるで絵本の読み聞かせのように、私は1枚ずつ読んだのでした。「まさか!」「ウソみたい!」「やばすぎる。」「健気。」などのつぶやきが教室の中で共有されていきました。

次の機会には、「あなただったらどう解決する?」とぜひたずねてみたいと思います。

 
 

オリジナルコグトレ教材の公開

会員限定ページにてオリジナルコグトレ教材の公開です。
※無断転用はお控えください 

何が一番①-4

何が一番②-1

『コグトレ みる・きく・想像するための認知機能トレーニング』(覚える)より、三輪書店のご厚意のもと当学会で作成。MP3再生機でご利用ください。
 

コミック版「ケーキの切れない非行少年たち」第6回目配信

第6回目「ケーキの切れない非行少年たち(WEB版)」が「くらげバンチ(無料)」(新潮社)で11月13日(金)に配信されます。医療少年院にて出産した女子非行少年が戻ってきます。そこで暴力防止プログラムを受けます。COGSTにもある感情のコントロールをリアルに紹介しています。なお、12月9日に新潮社よりコミック版が発売となります。

【原作】宮口幸治 【漫画】鈴木マサカズ

 

【研究会だより】(各研究会の活動をご紹介していきます)

大阪コグトレ研究会

お知らせがあります。これまでの「お問い合わせアドレス」を下記に変更しました。

cogtrosaka@gmail.com

(これまでのアドレスは1月まで移行期間として併用しています。)

今後は、上記アドレスにお問い合わせください。

大阪コグトレ研究会代表 井阪幸恵

事務局 長澤洋信

 
 


今後も各研究会の取り組みをご紹介していきたいと思っております。色んな地域で研究会が立ち上がり、様々な活動をされています。お近くの研究会、気になる研究会の会員になられてはいかがでしょうか。

広報担当より毎月各研究会の代表者に原稿募集の案内をしております。紹介して欲しい内容がありましたら、是非お寄せください。

2020年11月13日

一般社団法人日本COG-TR学会
広報部

PAGE TOP