コグトレ通信09

コグトレ通信 vol.9

平素よりお世話になっております。本メールは日本COG-TR学会の会員様と、旧コグトレ研究会の会員様(今年度のみ)にお送りさせて頂いております。

年々台風の威力が増してきておりますが、会員の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、8月10日に開催されたWeb講演会を会員ページで9月12日まで公開しています。参加できなかった会員の皆様、ぜひアクセスしてご覧ください。
今回のコラムは、立命館大学の宮口幸治先生です。

   

『認知機能は基礎体力』(立命館大学 宮口幸治)

最近は「認知機能」を体操競技における「基礎体力」に例えています。体操競技が各教科に相当します。

国語は鉄棒、算数は跳馬、理科は床・・・といった感じで、学校では各種目のテクニックを学ぶイメージです。

ところで、いずれの競技種目も、基礎体力、つまり筋力、持久力、瞬発力、集中力、柔軟さなどが必要とされます。

その基礎体力がないと、例えば鉄棒どころではありません。

その基礎体力が認知機能(学力の土台)に相当するわけです。一方、基礎体力(認知機能)をつける方法は学校では習いません。

学校に入るまでに自分たちで身につけないといけないのです。もともと基礎体力のある子はいいのですが、ない子は、鉄棒にぶら下がることもできません。

つまり黒板を写したり、数を数えたりすることすらできないのです。これが勉強についていけない子の原因として考えると分かりやすいと思います。

コグトレは基礎体力(認知機能)をつけることを目的としています。

各種目(各教科)自体は学校で先生方が教えることですが、基礎体力(認知機能)をつけることの意義がお分かり頂けるかと思います。

 
 

学会員の皆様へ(事務局長 宮口英樹)

2020年度総会終了の報告

2020年8月23日、広島県民文化センター多目的ホールにおいて2020年度定時総会を開催し、無事に終了することができましたのでご報告します。総会の詳細は会員HPに掲載しております。 どうぞよろしくお願いいたします。
 

学会誌「コグトレ研究」原稿募集

このたび日本COG-TR学会にて、学会誌「コグトレ研究」が発刊されることになりました。それに先立ちまして各種原稿(研究論文、実践報告、資料)をお待ちしております。詳しくはHP内の「機関誌」の投稿規定をご覧ください。なお創刊号の原稿締め切りは2020年9月末日です。
 

オリジナルコグトレ教材の公開

会員限定ページにてオリジナルコグトレ教材の公開です。
※無断転用はお控えください 

最初とポン③-1~5

『コグトレ みる・きく・想像するための認知機能トレーニング』(覚える)より、三輪書店のご厚意のもと当学会で作成。MP3再生機でご利用ください。
 

コミック版「ケーキの切れない非行少年たち」第4回目配信

第4回目「ケーキの切れない非行少年たち(WEB版)」が「くらげバンチ(無料)」(新潮社)で9月11日(金)に配信されます。今回は少年院退院後、社会で挫折し事件につながる様子です。(完全オリジナルストーリーです)
【原作】宮口幸治
【漫画】鈴木マサカズ
 

書籍案内

このたび、以下の書籍が発売となりましたので、ご案内させて頂きます。

感情をうまくコントロールするためのワークブック――学校では教えてくれない 困っている子どもを支える認知ソーシャルトレーニング (自分でできるコグトレ2)』(明石書店) 9月13日発売(予定)

対人マナーを身につけるためのワークブック――学校では教えてくれない 困っている子どもを支える認知ソーシャルトレーニング (自分でできるコグトレ5)』(明石書店) 9月13日発売(予定)

子どもが一人でコグトレを進められるよう開発されました。姉弟が出来てきて、ストーリーの中で色々な課題やトラブルに出会い、対処法などを一緒に考え身につけていきます。自分でできるコグトレ6冊シリーズのうち、今回は第2巻、第5巻の刊行となります。
 

【研究会だより】(各研究会の活動をご紹介していきます)

長野コグトレ研究会では、子ども達の特性や思いを疑似体験を通して理解を深める「体感研修会」を定期的に実施しております。研修の中で、コグトレプログラムの作り方などコグトレ導入に向けた内容を盛り込み、感染対策を行いながら行っています。

「コグとも」なかま募集(長野コグトレ研究会 浦野 典子)

 ともに学ぶ、ともに成長、ともに語る、ともだち、などいろんな思いを込めてネーミングしました。少しづつ仲間が増えています。
結家ホームページのコグトレ日記に少し写真を載せています。
ゆっくり長野ですが今後ともよろしくお願い致します。
 


 

四国コグトレ研究会(四国コグトレ研究会 西山 肇)

四国コグトレ研究会では、コグトレの普及活動として小、中学校や矯正施設で概要説明をさせてもらっています。又、通常の県立普通科高等学校でも学生全員が9月から取り組みを始めました。

その中で近々、児童自立支援施設で職員研修をすることになりました。これを足掛かりに児童相談所でも職員研修の計画を立てています。昨今の痛ましい事件を見ていると事件を未然に防ぐトレーニングの重要性を感じます。

今後の活動として現在までに紹介した機関以外に各大学などの教育学部や医学部と共同で研究をしていく計画を立てています。今後、四国コグトレ研究会の会員と力を合わせ地域に貢献活動をしていきたいと思っています。

 


今後も各研究会の取り組みをご紹介していきたいと思っております。色んな地域で研究会が立ち上がり、様々な活動をされています。お近くの研究会、気になる研究会の会員になられてはいかがでしょうか。

広報担当より毎月各研究会の代表者に原稿募集の案内をしております。紹介して欲しい内容がありましたら、是非お寄せください。

 

2020年9月11日

一般社団法人日本COG-TR学会
広報部

 

PAGE TOP