コグトレ通信07

コグトレ通信 vol.7

平素よりお世話になっております。本メールは日本COG-TR学会の会員様と、旧コグトレ研究会の会員様(今年度のみ)にお送りさせて頂いております。

やっと梅雨が明け、うだるような暑さが続いておりますが、会員の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

子どもたちは例年より短い夏休みを迎え、各地でCOVID-19の陽性者が増えており、静かな夏を迎えていることだと思います。8月10日に開催されたWeb講演会はいかがでしたか。参加希望者が多く、早々に申込みを締め切らせていただきました。

参加できなかった会員の皆様には会員ページにアクセスURLをご案内させて頂きます。今後もこのような形での講演会を企画しておりますので、楽しみにしていて下さいね。どうぞ皆様、安全に、お元気で過ごされますよう、くれぐれもご自愛ください。

今回のコラムは、コグトレ塾の長谷川佳代子さんです。
  
 

『コグトレという視点』(コグトレ塾 長谷川 佳代子)

先月に沖縄県教育委員会からの依頼で、特別支援学級・通級指導教室の先生に向けた研修を行ってきました。

「コグトレ」という言葉は知っているけれど、実際に取り組みをされている先生はまだ少ないようでした。研修の中で、認知機能の弱さや、実際にコグトレを体験していただき課題のねらいなどをお伝えすると、気になっている児童のお顔が色々浮かんでいる様子でした。感想の中には「子どもたちの見方や考え方が変わった」「知能検査をもう一度しっかり見直して、認知機能の苦手な部分を把握して取り組んでいきたい」「コグトレを試して、生徒の苦手を見つけたい」「自立活動に取り入れてみたい」など、今までの指導にプラスして、コグトレを活用する方法を見つけられた先生が多かったです。

例年は対象の先生全員が参加される大規模な研修だったようですが、今年はwithコロナの時代ですので、大幅に参加人数を減らした中での開催となりました。参加された先生の感想からは、今回参加できなかった先生に伝えたいという内容のものも多く、また次の日にさっそく子どもたちに実践された先生もいらっしゃったと聞いて、嬉しく思いました。日々子どもたちに向き合ってらっしゃる先生方の今後のコグトレ実践報告が楽しみです。
 
 

学会誌「コグトレ研究」原稿募集

このたび日本COG-TR学会にて、学会誌「コグトレ研究」が発刊されることになりました。それに先立ちまして各種原稿(研究論文、実践報告、資料)をお待ちしております。詳しくはHP内の「機関誌」の投稿規定をご覧ください。なお創刊号の原稿締め切りは2020年9月末日です。
 

オリジナルコグトレ教材の公開

会員限定ページにてオリジナルコグトレ教材の公開です。今回は2種類あります。
※無断転用はお控えください 

コグトレ「対人力アップ」ワークシート

『不器用な子どもがしあわせになる育て方』(かんき出版)特典のコグトレワークシート(全93枚)から、かんき出版のご厚意のもと、「対人力アップ」部分22枚を無料提供させて頂きます。印刷してご利用ください。 

音声データ(MP3)

最初とポン②-1~5
『コグトレ みる・きく・想像するための認知機能トレーニング』(覚える)より、三輪書店のご厚意のもと当学会で作成。
 

書籍案内

このたび、以下の書籍が発売となりましたので、ご案内させて頂きます。
 

コミック版『ケーキの切れない非行少年たち』第3回目配信
第2回目「ケーキの切れない非行少年たち(WEB版)」が「くらげバンチ」(新潮社) (無料)で8月14日(金)に配信されます。今回は少年の少年院での様子から退院していくまでです。(完全オリジナルストーリーです)

【原作】宮口幸治
【漫画】鈴木マサカズ
 

『医者が考案したコグトレ・パズル』(SBクリエイティブ) 8月19日発売(予定)
これまでの支援者向きのテキストではなく、子どもが一人で遊びながらパズルに取り組むようなイメージでコグトレを進めることができます。勉強が苦手なたまきくんと「パズル大好き!」オバケのコバケくんも、いっしょに「コグトレ・パズル」を始めます。発達ナビでも紹介されました。

 

『(一社)日本COG-TR学会2020年度総会でのお願い』(事務局長 宮口英樹)

会員様宛に(一社)日本COG-TR学会2020年度総会案内を郵送いたしました。今年度の総会は、広島コグトレ研究会研修会と合わせて開催する予定ですが、コロナ感染症対策のため書面表決および委任状の提出での議決権行使をお願いしております。会員の皆様におかれましては事情をご理解の上、何卒回答にご協力をお願い申し上げます。
 

 

2020年8月14日

一般社団法人日本COG-TR学会
広報部

 

PAGE TOP