コグトレ通信04

コグトレ通信 vol.4

平素よりお世話になっております。本メールは日本COG-TR学会の会員様と、旧コグトレ研究会の会員様(今年度のみ)にお送りさせて頂いております。

全国各地で梅雨入りし、蒸し暑い中でのマスク装着が続いています。皆様お変わりございませんか。リレーコラム3回目は、広島大学の石附智奈美先生です。

『聞く構え』(広島大学 石附智奈美)

ある重度の自閉症のお子さんは、言語指示の最初しか反応しませんでした。「カバンをかごに入れてね」と指示すると、玄関でカバンをおろします。

「かごにカバンを入れようね」と指示の仕方を変えると、部屋に入ってかごの所に行き、カバンを入れるようになりました。

聴覚の短期記憶に困難さを抱え、頭の中に保持できる容量がとても少ない様子が伺えました。これは極端な例かもしれないですが、聞く力が弱いお子さんは、説明や説教の内容が頭に残らないため、決まり文句のように「分かった」と返事をしたり、単に謝るという反応をせざる得ないのかもしれません。

「最初とポン」をするようになり、徐々に姿勢が前傾になってきた少年を目の当たりにしました。彼は聞いて覚える力が向上し、『講話も自然に耳に入ってくるようになった』と語りました。聞いて分かると本人が思えると、能動的に聞き取ろうとする『聞く構え』ができるんだな、と実感しました。

事務局連絡(コグトレ学会事務局長 宮口英樹)

新型コロナウィルスの感染拡大については少し落ち着いてきましたが、イベントの開催については、感染拡大の危惧について予測が難しく、第1回日本COG-TR学会開催については、開催延期を決定させていただくことになりました。

学会理事会で十分に検討し、第1回大会は、おおむね1年延期と開催地は広島とし、来年の会期決定は、状況を確かめながら決定するということになりました。参加を楽しみにしていただいていました会員の皆様におかれましては、開催延期にご理解いただけますようお願い申し上げます。

なお、学術大会は延期とさせていただきましたが、大会の趣旨を含めたインフォメーションをHPで公開準備しています。

書籍案内

このたび、以下の書籍が発売となりましたので、ご案内させて頂きます。

『社会面のコグトレ 認知ソーシャルトレーニング2 対人マナートレーニング/段階式問題解決トレーニング編』(三輪書店)

社会面のコグトレの後編です。前編では「段階式感情トレーニング/危険予知トレーニング」を扱いました。 後編となる本書では「対人マナートレーニング/段階式問題解決トレーニング」を扱います。

特に、問題解決トレーニングについて、問題解決型学習はよく耳にする言葉ですが国内では、児童向けの社会性の向上を目的としたワークシート形式のテキストは本書以外見当たりません。子どもたちが困った場面に遭遇した際に、自分で考えて解決していく力を段階的に養っていきます(よく遭遇する40ケースを収録)。

対人マナートレーニングも通常ロールプレイで身に着けるスキルを紙面上でも出来るよう工夫してあります(身に着けて欲しい対人マナーを20ケース収録)。前編・後編合わせて社会面のコグトレが完結します。また学会ではこれらの使い方動画を順次ご紹介して参ります。

特設ページのご案内

このたび、東洋館出版社ホームページにてコグトレ特設ページが開設されました。東洋館出版社から刊行されているコグトレ関連書籍が紹介されています。またサンプルもPDFで閲覧できるようになっています。

オリジナルコグトレシートの公開

今後、会員限定ページにて会員のみなさまに定期的にオリジナルコグトレシートを公開して参ります。PDFファイルを印刷してご使用ください。

今回は「漢字つなぎ①-1~8漢字つなぎ②-1~8」です。
(無断転用はお控えください)

 

2020年6月26日

一般社団法人日本COG-TR学会
広報部

 

PAGE TOP