コグトレ通信58

コグトレ通信 vol.58

平素よりお世話になっております。

朝夕はようやくしのぎやすくなりました。皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。
コグトレ通信第58回をお届けします。本メールは日本COG-TR学会の会員様にお送りさせて頂いております。

今回のコラムは、日本COG-TR学会代表理事の井阪幸恵先生です。

 

「アセスメントから見える発達段階とコロナ禍の生活」

子どもたちを指導するために、アセスメントは欠かせません。
通級指導教室担当として、子どもたちに関わるごとにPDCAを意識しながら進めています。
今回は、その関わりの中で気づいたことをお伝えしたいと思います。

毎年、1年生が5月ごろから入級してきます。
私は、まずタンデム歩行やCOGOTの「身体を知る」の動きを見ます。
そして、COGETのプリント課題「覚える」「数える」「見つける」「写す」「想像する」の中から一つずつ取り組んでもらいます。
簡単に構音検査も行います。

そのアセスメントで、昨年度から急激に変化があったことがあります。
それは、タンデム歩行です。
一昨年度、つまり今の3年生が1年生のときまで、ぐらぐらしても「ワニさんに食べられないように渡ってね。」と声かけするだけでどうにか2m位を歩き切っていました。
ところが、昨年度からは2mを歩き切ることができません。
特に今年度は、2~3歩歩いてこけてしまう子どもが何人もいて驚かされました。

これは、明らかに運動の経験不足でした。
朝トレに毎日参加させ、通級する機会を増やすことにしました。
すると、みるみる改善し、タンデム歩行がスムーズになっていきました。
この原因は、やはりコロナ禍でのおうち時間が長かったことの影響が大きいと考えられます。
加えて、夏季の気温が高くなり、熱中症が心配なために外で遊べないことも影響しているかも知れません。

こうして体の発達が遅れがちであるということは、認知機能にも影響することはご理解いただけると思います。
COGETのプリント課題も、一昨年度までのペースでレベルアップしていくことが難しくなっています。
そのため、「もっとやさしいコグトレ」の「めいろ」や「ぬりえ」を使い、幼児期に発達上の経験が不足しているところを、あえて取り入ることもしています。

例えば、ハイハイをする時期を飛び越えて歩き始めると体幹が育ちにくいように、発達段階を追って育つことは安定した運動の力、学習の力を習得するために大切と言えます。
発達段階を飛び越えて育ってしまったら、不安や自尊感情低下につながりやすいです。

コロナ禍で育った子どもたちだからこそ、しっかりと感覚・知覚から育て、認知機能を強化していきたいですね。
発達段階に遅れはないか、アンバランスさはないか、と確認しながら関わり、伸ばしていくことができれば、子どもたちはどんどん元気になっていきます。

和泉市立国府小学校 井阪幸恵

 

令和4年度第6回オンライン研修会のご案内

10月16日(日)10時~11時にて第6回オンライン研修会を開催予定です。
次回の講師は以下の通りです。

・京都橘大学・日本COG-TR学会監事 高畑進一
・特定非営利活動法人アントワープカウンセリングオフィス・日本COG-TR学会理事 野中友美

 

オリジナルコグトレ教材の公開

会員限定ページにてオリジナルコグトレ教材の公開です。
※無断転用はお控えください

最後とポン③④

『1日5分 教室で使える漢字コグトレ 小学2年生』(覚える)より、東洋館出版社のご厚意のもと当学会で作成。MP3再生機でご利用ください。

 

学会誌「コグトレ研究」原稿募集

学会誌「コグトレ研究」第3巻の各種原稿
研究論文(査読有)・・質的分析、量的統計解析等を含むもの
実践報告(査読有)・・質的分析、量的統計解析等を含むもの
資料(研究ノート・報告)・・コグトレの取り組み等を報告・紹介するもの
をお待ちしております。詳しくはHP内の「機関誌」の投稿規定をご覧ください。
なお第3巻の原稿締め切りは2022年8月末日予定です。
(これまでの学会誌はこちらから購入できます https://cog-tr.net/kikansi/ )

 

【研究会だより】(各研究会の活動をご紹介していきます。)

埼玉コグトレ研究会の加藤先生より投稿がございました。
おもちゃ売り場やネットスーパーには、子どもと遊ぶ玩具がたくさんありますよね。
見れば見るほど、どれがいいのか迷ってしまいます。
以下では、作業療法士であります加藤先生が〈思考系〉と〈手の動き系〉の2つの観点からいいと感じたものを紹介いただきましたので、選ぶ際の参考にされてはいかがでしょうか。

コグトレ通信Vol.52のコラムで青山芳文先生がコグトレ同様「認知力等を高めることを目的とし、楽しみながら意欲的に取り組める教材」としていくつかアナログゲームを紹介してくださいました。

長女は支援級で学んでいますが、ゲームを買う時に細かなリハ目的を考えて買うはずもなく、子供たちも私も「面白そうかどうか?!」が最大の判断ポイントになります(親としては価格も外せませんが・・)。
そんな面白さ最優先に買った我が家のおもちゃ群から、選りすぐりのものを紹介します。
今回文章にしていると「楽しむこと」に付随する効果も見えてきました。改めて「遊ぶ」ということの無限の可能性を感じました。

文章では面白さを伝えきれませんが検索するとすぐに出てくるものばかりなので、気になったものがありましたらぜひ!
埼玉コグトレ研究会 加藤和貴(作業療法士)

【思考系】
★Katamino(Gigamic製)(6歳~大人)
様々な形の積み木を枠内にはめ込むパズルです。
枠木のひとつを動かせるため、使用する積み木の数を3~12個と変えることが出来、難易度を変えることが可能です。
3ピースのパズルからできるので、小さなお子さんでも十分楽しめそうです。
木製ということでほのぼのと楽しめます。
空間認知能力だけでなく、積み木を裏返したり「この形がだめなら、この積み木を動かして・・」など思考力も養われそうです。

★Rubiks Cage (MegaHouse製)(8歳~大人)
「日本おもちゃ大賞2021 コミュニケーション・トイ部門 優秀賞」の本作。
同じ色が3つ並べば勝ちというシンプルなルールですが、上下逆にするだけでなく、ルービックキューブのように一列ごとに横回転させることも可能なため、意外な展開も多く盛り上がります。
論理的思考力に加え空間認知力も必要とされます。

★CONENECT4(HASBRO製)(6歳~大人)
いわゆる4目並べ。
7×6マスに駒を置いていき4つ並べば勝ちですが、このゲームのミソは盤面が縦型になっているという点です。
そのためどこにでも置けるというわけでなく、各列の上部から自分の色のコインを交互に落としていき4つ並べれば勝ちです。
論理的思考力や空間認知力が鍛えられます。

★ホッパーズ(ThinkFun製)(5歳~大人)
いわゆるペグソリティアのカエルちゃん版。
カエルが飛び越えた別のカエルを盤面から取り除き、無事一匹にしたら成功です。
最初のカエルの配置はカードに書かれており、Easy~SuperHardまで難易度が段階付けされています。
楽しみながら論理的思考力、空間認知などに良い影響を与えそうです。 

【手先の動き系】
★ガチンコ!恐竜フードファイト(丸昌製)(6歳~大人)
首長竜のしっぽをひっぱり、首の部分を操作します。
リンゴ型のリングに首長流の舌をひっかけ、反り返りながら自分の背中まで落とさないようにリングを運ぶゲームです。
巧緻性や適度な力加減、道具の操作性が必要とされます。

★トレジャーキーパー (丸昌製)(6歳~大人)
セスナに乗った怪盗が各プレーヤーのコインを狙いに来ます。
モーターでぐるぐる回る怪盗が来たら、各プレーヤーはジャンピング台を押して、怪盗が乗ったセスナをジャンプさせ自分のコインの上を通過させねばコインを取られてしまいます。
力の強弱でセスナ機を回転させたり、アクロバティックな動きをさせることができ大変盛り上がります。
力加減やタイミングよく手指を動かす力を養うこともできます。

★アスレチックランドゲーム(タカラトミー製)(5歳~大人)
昔流行った人気ゲームが今年復刻されました!
鉄球をゴールまで動かしていきます。
山を上下させ移動させたり、鉄球を乗せ回転させたり、トンネル型の迷路の中に入ったら鉄球が見えないため位置を予測して動かしたりと、なかなかの難易度です。
指先の力加減やダイヤルやボタンを介しての間接的な物品操作能力、位置の予測能力、操作能力などが養われそうです。

いろいろな地域で研究会が立ち上がり、様々な活動をされています。
お近くの研究会、気になる研究会の会員になられてはいかがでしょうか。
広報担当より毎月各研究会の代表者に原稿募集の案内をしております。
紹介して欲しい内容がありましたら、是非お寄せください。

 

【会員からの声】(会員の皆様からいただいた情報をお知らせしていきます。)

会員の皆様が開催されている『コグトレ初級コース』の参加者募集やコグトレ勉強会の告知、コグトレの実践紹介など、お寄せいただいた情報をお知らせしていきます。
そのため、会員の皆様にも広く情報を募集いたします。

情報をいただく専用メールアドレスはcogtrtusin@yahoo.co.jpです。ご連絡をお待ちしています。
※掲載されたい文章をお送りください。チラシ等の画像類は掲載できかねます。

 

【過去のコグトレ通信・音源】

配信済のコグトレ通信は日本COG-TR学会の会員限定ページでご確認いただけます。
是非お時間があるときにご一読ください。
音源も日本COG-TR学会の会員限定ページにて過去の音源を聞くことができます。
無断転載のないよう留意しながらお役立てください。

 

2022年9月23日
一般社団法人日本COG-TR学会
広報部

PAGE TOP